製品ブランドページ

ZCOO

ZCOO

History

2001年、海外製のブレーキパッドのパフォーマンスに満足できず、岡田商事が自社ブランドとして日本で企画・開発、生産、販売を開始。

常に最高のパフォーマンスを求めて、開発・フィールドテストを行い、現在マーケットにあるブレーキパッドとして、最高品質を誇る。

2007年からは、ディスクローターの開発・販売を開始。当時としては画期的な6mm厚+ウェーブ形状のディスクローターとして、多くの支持を受ける。

現在では、ヨーロッパでも"Made in Japan"のZCOOブレーキパッドが多くの支持を受け、2011年には世界選手権のSS600クラスで、シリーズチャンピオンを獲得。

常に進化するZCOOは、引き続き世界・日本を問わず、多くのライダーに最高の性能と品質を提供します。

Philosophy& Concept

コンセプト
・世界最高品質・性能
・重要保安部品の一つとして、安心・安全
・レース・ストリートを問わず、全てのライダーの為に

品質・性能
全ての商品は、日本の各レース・ストリートでテストされ、膨大な時間と試作品を経て、高い要求をクリアした商品だけが販売されております。
重要保安部品の一つであるブレーキパーツには、万が一の欠陥も許されません。皆様に安心して使用して頂き、且つ最高のパフォーマンスを体感して頂く為に、品質・性能を追求しております。

実績
ZCOOブランドは岡田商事のオリジナルブランドとして、2000年に誕生。
国内のプロフェッショナルレースからストリートまで幅広いユーザーに指示されております。
現在ではワールドスーパーバイクから、イタリア・スペイン選手権などで活躍してます。

ページの先頭へ戻る