2018.8.23

Auto Chart Live(オートチャートライブ)データ修正方法

こんにちはハミンバードブログです。

 

関東地方は過ごしやすい気温になったかと思いきや、また暑くなりました(ノω`)

秋も近づいてきましたが、まだまだ水分補給をして熱中症に気をつけたいですね‼

 

 

今回はAuto Chart Live(オートチャートライブ)のデータの修正方法をご紹介いたします。

ハミンバードをお使いの方はAuto Chart Liveでマップを作成中に、マップデータ上でたまにこんな事が起こる時があります。

 

上の画像の様に水深表示が実際の水深と異なってしまい、ブラックホールみたいな場所が出来てしまうことが有りませんか?絶対にあり得ないのに…(ノдヽ)

これは水深が浅すぎる場所をロギングしたり、ロギング中に振動子を水中から揚げてしまったりすると起こります。

 

ハミンバードのAuto Chart Liveには誤った個所のデータを修正できる機能があります。

では早速ご説明します。

①まず初めにMENUボタンを2回押してX-pressメニューにあるハミンバードのロゴのマークに合わせます。

その中にある「Auto Chart ライブ」をカーソル右→で選択します。

 

②次にカーソルの下↓を押して「生データを表示」を選択します。

 

③「生データを表示」に切り替えると画像の様にロギングした部分の軌跡が表示されます。

 

④下の画像の様に修正したいロギングデータの部分にカーソルを合わせます。

 今回はブラックホールの部分(色が変わっている部分)を選択します。

 

⑤消したい部分にカーソルを合わせたまま、再度「Auto Chart ライブ」を開きます。

するとメニューの中に「削除」のコマンドが出現します。

 

⑥カーソル右→を押すとその部分が削除されます。

 

⑦削除の選択欄の1つ上にある「生データを表示」をカーソル右→で元の「地図データを表示」に切り替えます。

 

⑧最後に削除した部分を再び「録画」をONにしてマップデータを作成して修正します。

 

このように完全にブラックホールの様な場所が消えて正確な等深線の録画ができました‼

!注意!水深が非常に浅い場所では修正後でも再度水深表示が実際の水深と異なってしまう場合がございます。ご注意ください。

 

現在発売しているSOLIXシリーズでも表示方法は異なりますが、同様の操作手順で修正することが出来ます。

さらにAuto Chart Liveを使用する時は別売のAuto Chart Zero Line MSD(オートチャートゼロライン エムエスディー)データ録画用カードがあると便利です!

 

これからのシーズンは魚も深場に移動し始めるので、魚探を使った釣りが増えてくると思います。サイドイメージだけでなくAuto Chart Liveを使い魚探の性能を駆使した釣りをしてみると面白いかもしれません。

 

 

●製品の紹介ページはこちら●

AutoChartLive ZeroLine MSD☛http://www.okada-corp.com/products/?p=8457

HELIX5G2                         ☛http://www.okada-corp.com/products/?p=8280

HELIX7G2/G2N         ☛http://www.okada-corp.com/products/?p=8277

HELIX9~12MEGAシリーズ   ☛http://www.okada-corp.com/products/?p=8270

SOLIXシリーズ        ☛http://www.okada-corp.com/products/?p=9596

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

HUMMINBIRD Facebookページはこちら☆

皆さんの「いいね!」お待ちしてます☆

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

次回もお楽しみに!!

 

 

Category :
AUTO CHART LIVE
HELIXシリーズ
SOLIXシリーズ
マップ
マニュアル

ブログ内検索

Calender

« 2018年12月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031