製品ブランドページ

メンテナンスMINNKOTA

ミンコタトローリングモーターを永年にわたり、常に良好なコンディションでご愛用頂く為に、日頃より下記の項目を確認することをお勧めします。また、異常が発生した際にはご自分で分解したりせず、お買い上げになられました販売店まで点検・修理をご依頼下さい。
ご自身での分解された場合、商品は保証対象外となります。

■使用後、特に海水や塩分を含んだ水域で使用した後は真水で充分にすすいで下さい。
 水分をふき取り、充分乾かした後でシリコンスプレーや機械油をつけた布で軽くふいて下さい。
 特に長期間使用しない場合は必ず行なって下さい。

■プロペラの内側に釣り糸やゴミがからまっていることが頻繁にありますので、釣行の前後には必ずプロペラを外して中を確認して下さい。
 特に釣り糸は、プロペラシャフトからモーター内部に巻き込まれ、モーターの防水機能を破損してしまうことがあります。
 釣行の最中にもできるだけこまめに確認されることをお勧めします。

■使用前にはプロップナットがしっかり締まっているか、確認して下さい。締め付けが甘いと、使用中に外れてしまうことがあります。

■定期的に電装系の配線の緩み、腐食の有無を確認して下さい。緩み、腐食した接点は熱をもち火災、故障、怪我等の原因になります。

■定期的にネジ・ボルト等の締め付け及び組み付けを確認して下さい。

■長期間モーターを使用しない場合は、ボートからモーターを取り外し、屋内で保管して下さい。

■空中でモーターを回転させる場合、2分以内にしてください。シールが熱を持ち耐水性が落ちる可能性があります。

■その他不明な点がございましたら、お買い上げになられた販売店までお問合せ下さい。

ページの先頭へ戻る