2010.3.15

サイド/ダウンイメージの高速モードソリューション

サイドイメージは高速走行時に2Dビームの情報を得る為に、プレーニング状態でギリギリ水面に振動子が触れる場所を探してセッティングする為、取り付け場所に制限がでてしまい難しいという話を伺います。
今回はそんな時のソリューションをご紹介します。

別売りのインハル振動子とYケーブルを使い、サイド/ダウンイメージビームと2Dビームを発射する振動子を2つに分け、それぞれのコードをYケーブルに接続し、Yケーブルと本体を接続するだけ。
それだけで、サイド/ダウンイメージの情報はトランサムに取り付けた振動子から、2Dの情報はインハル振動子から自動的に送られていくようになります。
こうすることにより、トランサムに取り付けるサイド/ダウンビーム用振動子を、プレーニングしている時は水に触れないけれど低速走行中は水中に入る場所に取り付けることができ、高速走行中の振動子の抵抗による走行性能への影響を受けなくなります。
また、サイド/ダウンビーム用振動子を走行中にぶつけてダメージを受ける心配もなくなります。

別売りオプション
XP-9-20(インハル振動子) : 定価¥15,000
XP-9-20-T(水温センサー付インハル振動子) : ¥18,000
AS-SI-DB-Y(Yケーブル) : 定価¥5,800

サイドイメージ用高速モードYケーブル高速モード用パック振動子FINAL

 

Category :
サイドイメージ
ダウンイメージ

2010.2.22

最新ソフトウェアのご説明

現時点で、米国ハミンバードホームページにてユーザー登録された皆様のマイアカウントにアップされているソフトウェアに関する情報をご案内させて頂きます。

ソフトウェアは、ユーザー登録されたモデルに必要なものだけが配信される仕組みになっておりますが、稀に関係のないものが配信されるケースが発生しております。誤ってご使用になられますと重大な問題が発生する可能性がございますのでご注意下さいます様お願い申し上げます。ソフトウェアに関してご不明な点がございましたら、お買上げになられました販売店もしくは弊社ホームページ経由にてお問合せ下さいます様お願い申し上げます。

 

①本体バージョンアップ用ソフトウェア

ソフトウェア名 : ○○○(本体モデル名)Update(Version○○○○)

内容 :

ユーザー登録されているハミンバード本体の最新ソフトウェアです。

新しいソフトウェアがリリースされると、最後のカッコ内のバージョンがより大きい数字に変更されていきます。

パソコン上にフォルダをつくり、そこに保存して管理されることをお勧め致します。

 

②サイド/ダウンイメージの動画をパソコン上で再生する為のコンバージョンファイル

ソフトウェア名 : Son2xtf(Version 1.001) / Son2stf for Windows Vista(Version 1.001)

内容 :

ハミンバード本体で録画したサイドイメージ/ダウンイメージの動画をパソコン上で再生する為に、ファイル形式を変換する為のコンバージョンファイルです。詳細は改めてご連絡申し上げます。

★サイド/ダウンイメージ対応モデルを登録されているユーザー様のみへの配信となっております。

 

③Humminbird PC

ソフトウェア名 : Humminbird PC-Asian Modification(Version3.1.7)

内容 :

ハミンバードで登録したGPSデータを編集する為のソフトウェアです。文字化け等の原因となる問題が発生しており、ご使用をお控え頂ける様お願いしているソフトウェアです。

問題解消次第、当ブログページにてご案内申し上げますので、今しばらくお待ち頂けます様、お願い申し上げます。

 

④文字化け対策変換ソフト

ソフトウェア名 : Japanese Name Converter.1_2(Version1.2)

内容 :

19日、22日付の当ブログページ “文字化け問題解消用コンバージョンソフト”に関する記事をご覧下さい。

★対象モデル以外のユーザー様にも配信されているケースがございます。ご使用になられると問題が発生する可能性がございますので、ご使用になられないようご説明下さいます様お願い申し上げます。

 

Category :
ソフトウエア情報

2010.2.22

《訂正》文字化け解消用コンバージョンソフト活用マニュアル

2月19日付の当ブログ記事にてご案内申し上げました、GPSデータ文字化け解消用コンバージョンソフト活用マニュアルに関しまして、下記部分を訂正させて頂きました。

ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんが、改めて内容をご確認頂けます様お願い申し上げます。

①対象ソフトウェアバージョン

3.890から4.750への限定の表現でしたが、3.890かそれ以前のものを3.900以上のものへのバージョンアップの場合 と訂正致しました。

 

②対象モデル

対象モデルは明記しておりませんでしたが、改めて明記致しました。

また、対象モデル以外にご使用になると重大な問題が発生する可能性が高い旨、警告をいれさせて頂きました。

 

③ソフトウェア名

ユーザー様のマイアカウントにアップされるソフトウェアの名称が、前回ご案内したAsian Name・・・から、この週末の間にJapanese Name・・・と名称が変更になっております。

ソフトウェアの内容に変更はございませんが、訂正致しました。

 

④ハミンバード本体の初期化

GPSデータのコンバート作業に入る前に、必ずハミンバード本体の初期化をして頂けるよう明記致しました。

 

改めて修正したマニュアルを添付させて頂きます。

ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんでした。

HBGPSデータコンバージョンマニュアルVol.2.pdf

 

Category :
ソフトウエア情報
マニュアル

2010.2.19

文字化け解消用、コンバージョンソフト配信スタート

大変遅くなりまして申し訳ございませんでしたが、2月1日付けの当ブログ記事にてご案内申し上げました件、対策用のソフトが米国ハミンバード社より配信されましたのでご案内申し上げます。

事象:

ソフトウェアのバージョンが3.890かそれ以前の状態のハミンバード本体で登録したGPSデータの名称が、本体を最新のソフトウェア4.750にバージョンアップすると文字化けを起こしてしまう。

対策:

登録済みのGPSデータをSD/MMCカードにコピーし、今回配信されたコンバージョンソフトでコンバートし、本体に戻す。

配信先:

米国ハミンバードホームページでユーザー登録後に作成される、ユーザー様個人のページ “My Account”内

ユーザー登録の方法はこちら

 

詳細は下のマニュアルをご参照下さい。

HBGPSデータコンバージョンマニュアルVol.2.pdf

 

参考マニュアル

HBソフトウェアダウンロードマニュアル.pdf

大変長らくお待たせしてしまいまして、申し訳ございませんでした。

今後とも、ハミンバードをご愛用頂けます用何卒よろしくお願い申し上げます。

Category :
ソフトウエア情報
マニュアル

2010.2.19

ソフトウェアのダウンロード方法

最近、ソフトウェアのダウンロードに関するお問合せ件数が急増しております。

改めまして、ソフトウェアのダウンロード方法のマニュアルを作成致しましたのでご活用頂ければ幸いに存じます。

基本的な流れは、

①米国ハミンバードのホームページでユーザー登録を行なう。(ユーザー登録マニュアルは

こちら

②ユーザー登録後、作成されるMyAccountにログインしてダウンロード可能なソフトウェアを確認する。

③必要なソフトウェアをパソコンにダウンロードする。

④本体のバージョンアップ用のソフトウェアは、パソコンからSD/MMCカードにコピーして、そのカードを本体に挿入してダウンロードする。

となっております。

詳細は下のマニュアルをご参照頂けます用お願い申し上げます。

HBソフトウェアダウンロードマニュアル.pdf

Category :
ソフトウエア情報
マニュアル

ブログ内検索

Calender

« 2020年7月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031