2017.10.26

新利根川フィールドテスト Part2

こんにちはハミンバードブログです。

 

富士山に初冠雪のニュースも届き、本格的に秋から冬になってきました。最近は朝晩の気温も下がり、体調を崩しやすくなるので気をつけたいですね。私は見事に週末風邪を引きました・・・

 

今回は前回に引き続き茨城県の新利根川で行ったフィールドテストの画像を紹介いたします。

⇓前回の記事はこちらから⇓

新利根川フィールドテスト画像

 

●3周波

最初に前回紹介した魚の群れの画像です。今回は周波数を切り替えて撮影してみました。

まずはサイドイメージ

MEGAイメージはご覧の通り鮮明に映ります。

455kHzでは広範囲を捉える事が得意なので、魚の形と影は映り難くなります。

800kHzになると捉える範囲が狭まりますが、大きな魚になると魚と影はしっかりと映ります。

使用するシチュエーションに応じて切り替えると効果が発揮されます!!

 

次にダウンイメージです。

ダウンイメージもサイドと同じように映りが変わってきます。

 

●カラーパターン

テストを行った当日は雨が降っており、比較的ローライトな状況で行いました。

ハミンバードではカラーパレットは「SIカラー3」が標準の設定になっていますが、この画面もお好みのカラーに切り替えることが出来ます。因みにSIカラー1は初期のサイドイメージモデルから搭載されているブルーです。

 

こちらが標準設定のカラーです。

 

当日は「SIカラー11」が見やすいカラーでした。

晴れた周りが明るい状況では標準のSIカラーが見やすいですが、今回は少し明るすぎるように感じました。このような状況では少しくらいブラウン系かSIカラー11のイエロー系が見やすいです。

(選び方は偏光グラスのレンズカラーと似ていますね!!)

 

このカラーで魚の群れを映すとこのように映ります。上の方には沈んでいるタイヤも映っています。

 

カラーパレットの切り替え方法

サイドイメージの画面でMENUボタンを1回押すと「SIカラー」表示が表示されます。

カーソルを合わせて右→もしくは左←を押すとお好みのカラーに変更できます。

変更したらEXITで戻れば完了です。

この「SIカラー9」は今回のテストでは暗すぎて良くわかりませんでしたが、個人的に好きなカラーパターンです。ハードボトムをサイドイメージで探す時は効果抜群です。ハードボトムが蛍光イエローで映し出されます!!

 

因みにこんなカラーもありますよ。

このカラーではハードボトムや魚は赤く映りますが、暗い為か当日は見難かったカラーです。

 

これがブラウン系です。これも薄暗いときは見やすいカラーです。

 

ハードボトムを探すのか、それとも魚や沈み物を探すのかによってカラーパターンを駆使するとより使う楽しさが増えますよ。

 

●今回ご紹介した製品の紹介ページはこちらから●

HELIX9~12MEGAシリーズ☛http://www.okada-corp.com/products/?p=8270

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 HUMMINBIRD Facebookページはこちら☆

「いいね!」お願いします☆

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

次回もお楽しみに!!

 

 

Category :
HELIXシリーズ
サイドイメージ
ダウンイメージ
商品テスト風景

ブログ内検索

Calender

« 2020年7月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031