2015.2.5

ハミンバードニュ~ス 2次反射

DSC_0929

 

さて第2回目となる『ハミンバードニュ~ス』

前回予告したように、今回は2次反射について触れてみたいと思います!(^^)!

↓前回内容はこちら(2D感度調整について触れました』

ハミンバードニュ~ス

 

 

DSC_1156

村川プロに同行頂きました♪

寒かったです(笑)

 

2次反射ってよく聞くけど何なの?ニジハンシャ?

2次反射

↑2次反射はこのように映ります。右は3次反射も出ていますね。

魚探は振動子から音波を飛ばし、その跳ね返りを本体で処理し画面に映し出しています。

2次反射は底が固いと2回音波が跳ね返えり画面に表示されるのです!

つまり、簡単に言うと「2次反射が出ると、水底が固い証拠な訳です。」

 

底が固いと何がいいの?

DSC_0929

水底が固いということは、つまり「泥が積もってなく、岩が出ている状態である」可能性が高いということです。

泥が積もらないということは、、、「水の流れもあり、藻も付きやすく、小エビやベイトも付きやすい!」

つまり、、、「大物がいる可能性も高い!」ということになる訳です♪

ちなみにこの画像の感度は6設定。2次反射が見やすいように少し感度を落としています。

 

 

2次反射を見るために!

①下限レンジの調整

②感度の調整

HUMMINBIRDならこの2点を行えば、エントリーモデルだって2次反射を捉えられます。

S00005

↑調整方法は簡単。魚探表示画面中に1回 『MENU』ボタンを押すとメニューが出るので、そこから下限レンジや感度が調整出来ます。

下限レンジは深度の2倍以上に設定しましょう!感度はボトムラインより下がすっきりするように設定するのがGOODです。感度は初期設定のままでもある程度は捉えられると思います。

 

HUMMINBIRDの便利機能!(PiranhaMAXシリーズは除く)

2次反射も見たいけど、ボトムラインの状況もアップで見たい!!

そんなときにおススメなのが『ソナーズーム画面』です。

ソナーズーム画面

↑ソナーズーム画面では2分割にして左部分はズームで映すことが出来ます。

青枠で囲っている部分は同じ映像。右側の下限レンジは設定した方がGOOD。

これなら、2次反射を見ながらボトムラインもしっかり見ることが出来ます。

 

2次反射を理解して、釣果UPを狙いましよう!

次回はサイドイメージについて!の予定です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆↓minnkota Facebookページ始めました!☆

https://www.facebook.com/#!/minnkotajapan?notif_t=page_invite_accepted

「いいね!」待ってます!

 

↓村川勇介プロブログ

http://ameblo.jp/gogokasumi/entry-11954377296.html

 

↓12月より釣りビジョンにて村川プロ出演の番組が放送中!

 「村川勇介 霞ヶ浦ダンディー」

http://www.fishing-v.jp/dandy/

 

↓岡田商事カタログデータPDF(商品詳細をチェック!)

okada_2015_01 (minnkota)

okada_2015_02 (HUMMINBIRD  /  NAVIONICS  /  DEEP WELL  /  VOYAGER  /  PORTA BOTE)

 

 

Category :
ハミンバードニュース

2015.1.23

ハミンバードニュ~ス

DSC_0899

     minnkota、HUMMINBIRDのアドバイザーの村川勇介さんと商品テストを行っています。

村川プロhttp://ameblo.jp/gogokasumi/

 

テスト中の村川氏より、「やっぱり魚探の基本機能は2Dだよね。」との声がありました。

そんな訳で、今日は2D魚探についてご案内をしたいと思います。

ハミンバードではよくサイドイメージ・ダウンイメージがクローズアップされますが、2D魚探魚探だってしっかりとした機能が搭載されています。

―感度設定―

2D魚探画面を表示中にメニューボタンを1回押すと、2D魚探の各種設定が出ます!

状況に応じて感度設定をするのがGOODです!

DSC_0923

↑標準の10設定

 DSC_0922

↑15設定

DSC_0918

↑20設定

 DSC_0926

 

↑5設定

 

DSC_0924

 

↑7設定

村川プロは7設定が見やすいとのことです。うん、ボトムラインがしっかりと出ていますね。

 画面右にはちょこっと盛り上がったハンプもあり、これは感度設定をしないと見れないかも。

 簡単な操作で感度設定は出来るので、是非いじってみてくださいね。

 そのままでも見えるのがハミンの良いところですが、調整すると更に見えキャスティングの回数も自然と増えると思います。

 

あと2D魚探といえば、底質の固さがわかる『2次反射』があります。

良く聞く二次反射ってどんな画面なの?固いとなぜいいの?といったあたりを次回は触れたいと思います。

DSC_0941

 

↓村川勇介プロブログ

http://ameblo.jp/gogokasumi/entry-11954377296.html

 

↓12月より釣りビジョンにて村川プロ出演の番組が放送中!

 「村川勇介 霞ヶ浦ダンディー」

http://www.fishing-v.jp/dandy/

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ☆↓minnkota Facebookページ始めました!☆

https://www.facebook.com/#!/minnkotajapan?notif_t=page_invite_accepted
minnkotaユーザーの方の「いいね!」待ってます!

 

Category :
ハミンバードニュース
取扱関連
商品テスト風景

ブログ内検索

Calender

« 2018年2月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728